水平線上の陰謀

名探偵コナン

「名探偵コナン 水平線上の陰謀」あらすじ・ネタバレ・見どころ・感想を徹底解説

2020年4月10日の金曜ロードショーで「純黒の悪夢(ナイトメア)」、4月17日に「紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のテレビ放映が決まりましたね。

この機会に、他のコナン劇場版を観たい!と考える方も多いのではないでしょうか。

水平線上の陰謀」は、2005年に放映された、名探偵コナン劇場版第9作目の作品です。

ここでは、「水平線上の陰謀」をネタバレ含むあらすじや感想・見どころなどをまとめた情報をシェアします。

「水平線上の陰謀」あらすじ・ネタバレ

物語は、15年前に北大西洋上で起こった、貨物船・第一八代丸の氷山衝突による沈没事故から始まります。
副船長の海堂渡は氷山を避けるよう操縦に指示を飛ばしましたが、間に合いませんでした。

船員たちは、船長室へ駆け込むと、椅子に座ったまま天を仰ぎ絶命している船長がいました。
その場へやってきた海堂は、なぜか不敵な笑みを浮かべていたのです。

この沈没事故で、船長である沖田と、三等航海士の二名が犠牲となりました。

それから時が経ち、今から半年前のことです。
西多摩市で、八代造船の船舶設計士の男・八代英人が車を運転中、下りカーブ途中で心臓発作を起こしたため、ガケから転落した死亡事故が起こりました。

この事故で、八代英人(やしろひでと)は亡くなっています。
佐藤刑事は、事故処理となったこの件を調査し始めました。

豪華客船に招待されるコナン一行

八代グループが手掛ける、600人が収容可能な巨大豪華客船・アフロディーテ号が完成しました。
処女航海に招待された鈴木財閥は、両親の代わりに園子がパーティーに参加することになります。

そこで、園子はコナンや蘭、小五郎、阿笠博士や灰原哀、少年探偵団のメンバーと一緒に行くことにしました。
空手の関東大会で優勝を果たした蘭のお祝いも兼ねて園子が誘ったのです。

阿笠博士の発明したカフスボタン出典:水平線上の陰謀

阿笠博士は、カフスボタン型の盗聴器とICレコーダーをコナンへ渡そうとするも、目ざとい小五郎がそれを見つけると、取り上げてしまいました。

船内には、首相やアイドル、有名なセレブ姉妹など豪華な著名人が乗っていました。
そんな中、コナンたちは、小五郎の大ファンだと話すシナリオライターの日下ひろなり、アフロディーテ号の設計グループの一員・秋吉美波子(あきよしみわこ)と知り合います。

レストランでは、コナンたちの席に日下と秋吉が半ば強引に同席してきました。
いつも美女にデレデレする小五郎ですが、美波子が妻の絵里に似ているからか、腰が引けているように見えます。

日下は、今度豪華客船を舞台とした連ドラの企画書をまとめるために秋吉へ取材を申し込んだらしく、少年探偵団は目を輝かせます。

タイタニックみたいに処女航海で沈没する話かも?とつぶやく哀の言葉を聞いて、小五郎はふと思い出します。
15年前に起きた、船長や船員が亡くなった貨物船沈没事故が、この八代グループの貨物船だったことを。

八代グループの会長・八代延太郎と娘の貴江もレストランにやってきました。

貴江の夫は、半月前に車の運転中に心臓発作を起こして、事故に遭い亡くなったそうです。
その夫こそが、自分の所属する設計チームのリーダーだったと秋吉が付け加えます。

貴江の夫の事故は、実は西多摩警察署で再捜査をしていました。

佐藤刑事は、下り坂になってから心臓発作となったタイミングの良さが引っかかり、納得できなかったのです。

日暮は佐藤の直感を信じて、洗い直しを指示していました。

八代延太郎の席には、船長もあいさつに来ています。
日下は、15年前の沈没事故で副船長を勤めていた海堂渡だと話します。

日下は、八代グループのことや過去の事故の様子に妙に詳しい様子でした。

食事はあとデザートのみというところで、日下は船酔いを理由に退席します。
しかし、日下は自室ではなく、八代グループの会長が使うロイヤルスイート604号室に向かっていました。

会長の部屋を盗聴する日下出典:水平線上の陰謀

なんと、日下は盗聴器を仕掛けて、会長たちの会話を聞いていたのでした。

そんな日下の行動など誰も気づかず、深酒をした小五郎は阿笠博士に自室へ連れられていきます。

少年探偵団は、蘭の優勝のお祝いに昼間拾った貝を利用して金メダルを作ろうとこっそり計画していました。

園子が襲われた!?

翌日になり、良く晴れた晴天の朝、コナンたちは甲板(かんぱん)で朝食をとっています。

元太・光彦・歩美たちは、蘭がイスにかけていたウィンドブレーカーのポケットに、昨夜作ったプレゼントの金メダルをこっそり入れました。
このとき、秋吉と日下が会話する様子を何となく眺めていたコナンは、彼らの行動に気づいていません。

そのころ、八代会長のいるスイートルームにノックの音が響き、ドア下から手紙が入ってきました。
その手紙には、”15年前の秘密を知っている””10時15分に地下マリーナまで来てください”などと書かれています。

八代会長は、慌ててドアの外へ飛び出しますが、誰の姿も見当たりませんでした。

小五郎と阿笠博士はマッサージへいき、コナンと蘭、哀と園子、少年探偵団メンバーの7人でかくれんぼを始めました。
鬼役の二人を決めて、制限時間を30分後の10時20分までに設定します。

鬼役は園子と哀に決まりかくれんぼがスタートしました。
いざというときに連絡が取れるよう、園子が探偵団の無線を持ちます。

ボールを壁打ちするコナンを見つめる蘭出典:水平線上の陰謀

まず、中央フロアでバレーのボールを見つけたコナンは、壁打ちに夢中になっていたところを一番に見つかります。
続けて、元太や光彦、歩美が見つかっていきますが、蘭だけがどうしても見当たりません。

残りは9分となり、園子はボートのある薄暗い場所を探し始めますが、蘭の姿は見当たらず、タイムアップとなりました。

蘭はコナンの姿が見える場所にいたらしく、「サッカーボール蹴ってたでしょ」と話しかけました。

ボイスレコーダー出典:水平線上の陰謀

この頃、日下は、秋吉に電話を掛けていました。
日下は、自分の書いた脚本の朗読を電話で聞かせていたのです。

日下は、10時ごろになると、脚本を朗読する声を録音したICレコーダーを再生すると、音声を受話器に流した状態で、部屋を出ていきました。

小五郎とすれ違うマスクの人物出典:水平線上の陰謀

フードにマスクを着用した姿で、日下は604号室に向かいます。
慎重に忍び込むと、なんと日下はナイフで秋吉を殺害しました。

日下が廊下を歩いている途中、セレブ姉妹に呼ばれて上機嫌の小五郎がすれ違います。
おかしな格好をしている日下を見て、違和感を感じたものの、小五郎は姉妹の部屋へ行ってしまいました。

日下は、今度は手紙で呼び出した八代会長の待つ地下マリーナへと急ぎます。

日下は、親父のカタキだ!と叫び八代会長を殴り飛ばすと、海へ突き落してしまうのです。

海に落ちる八代会長出典:水平線上の陰謀

ここで、鬼役だった園子が帰ってこないので、無線で連絡を取ると、場所は分からないが冷たくて暗い箱の中に閉じ込められている様子でした。

園子から聞いたヒントを頼りに、コナンは冷凍庫、続いて地下を探してみると、園子を発見します。
園子が拉致された場所には、八代会長の使っていた鉄扇が落ちていました。

医務室に連れていかれた園子は幸いにも大きなケガはなかったものの、小五郎はこの件を殺人未遂事件だと宣言します。

園子にいた現場に八代会長の鉄扇があったため、コナンたちは604号室へ向かいました。

ここで、小五郎は先ほどすれ違った妙な男がいたことを思い出し、ウィンドブレーカーを着ていたと話しました。
それを聞いた船員が、八代親子はウィンドブレーカーを着ることはないから、それはおかしいと言い出します。

小五郎は、不安を感じながら客室のドアを叩いたのでした。

殺害された秋吉出典:水平線上の陰謀

部屋に入ると、腹部を垂直にナイフで刺された状態で顔にタオルをかけられた貴江の無残な姿がそこにありました。

コナンは、血をふき取ったような痕跡があることに気づきます。
ナイフが刺さっている腹部周辺の血だまりはそのままであるにも関わらず、なぜ一部分だけを拭きとったのか、不可解でした。

ちょうどこのとき、殺人事件の通報を受けた日暮警部、白鳥警部、高木刑事がヘリで船内にやってきました。

日暮たちは、殺害現場に到着すると、すぐに現場検証に入りました。

八代会長の鉄扇があった地下マリーナの捜索も続けるよう指示をすると、搬入口から会長の指紋が検出されたとの報告が入ります。
海に落下した可能性があるとみて、日暮は海上保安庁へ連絡を取り、海の捜索が始まりました。

コナンは、昼食をパスしてこっそり捜査の進展状況に聞き耳を立てに行きました。

コナンが盗み聞ぎした捜査状況

貴江を殺害した犯人は、小五郎がすれ違った人物とみているようでした。
さらに、八代会長も殺されたとすれば、時間的にも同一犯の犯行である可能性が高いと話しています。

ただ、小五郎が見た犯人らしき人物は、顔を完全に隠していたため、性別がどちらか判断がつかない様子です。

犯人の殺害動機は、被害者が八代親子であることから、怨恨と予想しているようです。

小五郎は、今回の事件が園子が襲われた事件と関連しているかどうかも気にしています。

ここで、コナンは我慢できずに日暮たちの間に入っていきます。

まず、コナンは会長の世話をしていた乗務員から、会長が昨日の夜何をしていたか話を聞いたのかどうかを尋ねます。
すると、会長はディナーのとき以外は部屋にいたと聞くと、コナンはすぐに犯人の目星がつきました。

まず、コナンは八代会長と貴江が使っていた604号室の鍵が複製されているのではと考え、マスターキーを紛失したことはなかったか指摘します。
すると、3週間前に日下が取材で訪れたとき、一度紛失していることが発覚しました。

ここから、日下へ聴き取り調査が始まりました。

しかし、日下のアリバイを確認すると、犯行時刻の10時15分には電話で秋吉と話をしていたことが分かり、秋吉も事実として認めます。

現に、クルージング恋物語という原作が完成していました。
電話で打ち合わせをした理由が、”女性の客室に男が訪ねるのは周りに誤解されるから”というのも、整合性はとれています。

通話記録も残されていたことから、日暮たちはそれ以上の追求はせず、部屋を出ていきました。

しかし、このときコナンは、日下のバッグにICレコーダーが入っていることに気づいています。

コナンは、もう一度殺害現場へ戻ると、ふき取られていた血痕について鑑識から血液反応は出なかったことを確認します。

コナンは、今度は秋吉へ話を聞きに行きます。
すると、電話であらすじを聞いているときは、口をはさむと日下は怒るので、黙って聞いていたと証言しました。

秋吉は、そのときに手慰みとして折っていた船をコナンにプレゼントします。

その後、コナンは日下の部屋を再訪問しますが、ICレコーダーには何も録音されていませんでした。

車のシートベルトを調べる佐藤刑事出典:水平線上の陰謀

一方、西多摩警察署では、佐藤が引き続き貴江の夫の交通事故死について調べていました。

佐藤は、シートベルトを調べると、タコ糸のようなもので縛った痕を発見しました。
この報告を受けた日暮は、小五郎へ捜査状況の説明をします。

日暮たちの会話を、小五郎のつけたカフスボタンから盗聴していたコナンは、人為的に交通事故を起こす方法に気づき、実演して見せました。

その方法とは、スタングレネード(閃光発音筒)を使ったトリックです。
スタングレネードは、起爆させることで突発的に目の眩みや難聴などを引き起こす効果があります。

スタングレネードのピンをあらかじめ抜いておき、タコ糸で結んでおいたことで、シートベルトを引くと起爆するしくみだったのです。

コナンが推理した犯人の正体とは?

その後、海上保安庁の捜索により、八代会長の遺体が発見された報告が入りました。

この日は、5時からパーティーの予定でしたが、中止を提案する日暮に対し、小五郎は犯人を見つけ出すためにも、あえて開催しましょうと言います。

少年探偵団たちは、いつまでたってもプレゼントをポケットに入れたことに気づかない蘭を見て、サプライズを諦めて直接伝えてしまいます。
蘭は、このときウィンドブレーカーを着ていなかったので、「後で確認してみるね」と嬉しそうにお礼を言いました。

パーティーの最中、突然乗客の一部が八代親子の事件について声を挙げてしまい、会場が軽いパニック状態になってしまいました。

犯人が分かったと声を上げる小五郎出典:水平線上の陰謀

ここで小五郎は、日下の電話相手だった秋吉を犯人と推理するも、証拠がないことを詰められると慌ててトイレに逃げ込んでしまいます。

そこで、すべてのトリックを見破ったコナンは、麻酔銃で阿笠博士を眠らせると、事件の全貌を話し始めました。

阿笠博士の声で事件の真相を解説するコナン出典:水平線上の陰謀

犯人は日下だとコナンは宣言します。

その証拠として出したのが、阿笠博士から借りたICレコーダーです。
コナンは、ボイスチェンジャーを使って日下の声で脚本をしゃべり、録音していたのです。

次の証拠として、日下の赤い髪に残っている血痕を指摘します。

さらには、日下が首元に巻いているスカーフを取ると、八代会長が死の間際に残した爪痕がくっきりと残されていたのです。

追い詰められた日下は、起爆装置を見せると、この船を爆破すると言い出します。

このとき、園子は自分を襲ったのが日下だとようやく思い出しました。

ここで、日下は今回の殺人動機について語りだします。

実は、15年前の第一八代丸の沈没は事故ではなく、副船長の海堂に指示をしてわざと起こさせたのです。
その指示をしたのが八代親子であり、目的は保険金目的でした。

日下の父親は、このときの事故で亡くなった第一八代丸の三等航海士だったのです。

海堂は、船長に睡眠薬入りコーヒーを飲ませて眠らせた後、わざと氷山に衝突した上に、事前に仕掛けてあった爆弾を爆破させました。

爆弾の設置場所を決めたのは、なんと貴江の夫であり、設計チームのリーダーの仕業でした。
この事実に、設計チームの秋吉は身体を震わせます。

日下は、ここまで一気に真相をしゃべると、起爆スイッチを押して船を爆破させました。
騒ぎに便乗して、モーターボードで逃亡します。

日下を確保するコナン出典:水平線上の陰謀

コナンたちは日下を追跡すると、射出ベルトからボールをキックして視界を奪った隙をつき、麻酔銃で眠らせました。

大爆発によって沈没していくアフロディーテ号では、乗客が次々に避難しています。

コナンたちも救命ボートに乗り込みますが、蘭は少年探偵団たちからもらった貝製の金メダルがないことに気づき、船内へ戻ってしまいます。

そこで、急に船内が傾いたことで頭を打った蘭は、そのまま気絶してしまったのです。

明らかになったもう一つの真実

このとき、コナンは今回の事件で腑に落ちない部分がありました。

まず、貴江が殺害されたのが果物ナイフだったことや、日下が起爆した後に起きた大爆発についても、あまりにも爆発の規模が大きすぎるのではないかと考えていたのです。

乗客が逃げ惑う中、コナンは急いでジェットバイクにまたがると、船に戻りました。

コナンが船に向かっている頃、甲板で船長の海堂に詰め寄る人物がいました。

真犯人・秋吉美波子出典:水平線上の陰謀

海堂と対峙していたのは、秋吉美波子です。

秋吉は、折り紙で作った船を見せて、「これに見覚えはある?」と海堂へ尋ねます。

実は、秋吉は第一八代丸の沈没事故で殺された船長沖田の娘でした。
彼女は、日下と同じ境遇の遺族だったのです。

この折り紙の船こそが、コナンが引っかかっていた違和感の正体でした。
幼少期の日下の写真を見たときに、折り紙の船を受け取る様子が写っていたのです。

秋吉は、同様に15年前の沈没事故について調べていると、日下から取材を受けました。
しかし、なぜか八代親子のことばかり質問する日下に違和感を覚え、彼の目を盗んでパソコンを覗き見たのです。

日下も自分と同じように殺意を抱いていることに気づいた秋吉は、貴江の夫を飲みに誘い、当時の事故についての情報を聞き出しました。

そこで、秋吉は第一八代丸の沈没事故の真相を知り、海堂へ復讐しようとしているのです。

真犯人を見破っていた毛利小五郎出典:水平線上の陰謀

ここで、毛利小五郎が秋吉の前に現れました。

小五郎は、すでに真犯人が秋吉であることを見抜いていたのです。

小五郎がパーティー会場でトイレにこもったときは、実は秋吉の部屋に忍び込み、銃を使えないよう細工することが目的でした。

ここから、小五郎は自分の推理を話し始めます。

秋吉は、日下の犯行計画を偶然知った後、彼一人ですべてをやりきるのは不可能だと考え、自らの手で貴江の夫を殺害しました。

船内では、自分をアリバイ工作に使おうとする日下を逆に利用するため、まず自分が先に貴江の部屋へ向かいました。
秋吉は、貴江を気絶させると、なんと血のりを使って殺害現場を偽装工作したのです。

貴江が殺害されたことを確認した日下が部屋を出ると、秋吉は貴江をナイフで刺し殺したのでした。

つまり、小五郎があのとき廊下ですれ違ったのは、日下ではなく秋吉だったのです。
妙な仕草をしたように見えたのは、秋吉が女性であることを隠そうと胸を押さえていたんでしょう。

(この後、毛利の口調に合わせて、カフスボタンを通じてコナンが代わりに事件の真相をしゃべり始めました。小五郎は一瞬怪訝そうな表情を見せますが、気にせずしゃべり続けます。)

秋吉は、地下マリーナへ向かった八代会長を殺しに向かった日下を追いかけました。
八代会長の背後に回ると、背中にナイフを突き刺したのです。

秋吉が復讐の舞台をこの船に決めたのは、乗客の中に毛利小五郎の名があったからでした。
名探偵として有名な小五郎に、日下を捕まえさせて、すべての罪を着せるつもりだったのです。

秋吉は、日下のパソコンの中に自分の父のことを時代錯誤などと書かれていたため、日下に対しても恨みを抱いていました。

日下が起爆した後の大爆発は、秋吉の手によって仕掛けられた爆弾が原因でした。
設計チームだった彼女は、爆弾を仕込む場所を決めていたのです。

当てずっぽうに見えた小五郎の推理は、今回は珍しく当たっていたのです。
小五郎は、「犯人はあんたじゃなければいいと思っていた」と言います。

小五郎は、得意の一本背負いで秋吉を見事捕えました。

ここで、コナンと小五郎は蘭が船内に残っていることに気づきますが、見つけられません。

蘭は、かくれんぼのときに自分が隠れた場所に向かったことは分かっているため、コナンはその場所を特定しようと頭を回転させます。

あのとき、コナンはバレーボールを見つけて蹴っていたのですが、後で蘭は「サッカーボールを蹴っていたでしょ」と言っていた。
つまり、蘭はボールを目で確認しておらず、蹴る音で判断したことになります。

コナンは、ボールを蹴る音が聞こえて、隠れられそうな場所を探し始めました。

蘭は、甲板の収納庫で倒れていました。
コナンたちの元に、海上保安庁のヘリが救助に来ます。

ようやく助かったと思ったのもつかの間、突風が吹いたことで救助隊員が気絶してしまい、ヘリがきりもみ状態となってコナンが振り落とされそうになります。

蘭は懸命に手を伸ばしますが、あともう少しのところで届きません。

金メダルを握るコナン出典:水平線上の陰謀

そこで、少年探偵団からもらった金メダルを伸ばして、コナンは見事掴んだのです。

コナンは、ここでようやく目を覚ました救助隊員に引き揚げられました。

「水平線上の陰謀」感想・見どころ

いやーネット上はそれほど評判高くないっぽいですが、筆者的にはコナン劇場版ランキングを勝手に作るとしたら、ベスト3に入るくらいに面白かったですね!

今作「水平線上の陰謀」は、古畑任三郎的な流れで、視聴者が割と序盤から犯人が分かってしまう上に、コナンもそれほど苦労せず真実を突き止めます。

…と、見せかけて、真犯人は別にいるという、ある意味二度おいしい的な構成に仕上がっております。

「水平線上の陰謀」は、普段はドジで頼りにならない探偵毛利小五郎が、今回は大活躍する神回とも呼ばれていますね。

筆者が勝手に妄想しちゃったのが、

秋吉を見て妻の絵里に似ているからこそ、気になって行動を良く見ていたの?

ということは、小五郎は今も絵里のことを…?

的な!ことないですかね。

「水平線上の陰謀」が神回といわれるゆえんはもう一つあって、小五郎がコナンより先に真実にたどり着いたところです。
だって、小五郎はパーティー会場ですでに秋吉に目星をつけてましたからね。

ちなみに、「水平線上の陰謀」を良く見ていると、かくれんぼのときに蘭がコナンの蹴っていたボールをサッカーボールだと見間違えたシーンがあります。

ボールを壁打ちするコナンを見つめる蘭出典:水平線上の陰謀

いやでも、そのシーンを観る限り、視力1.5の蘭が見えてないハズがないよね?という疑惑が持ち上がったんですね。
まぁ、そんな気にするポイントでもないように思うのですが。

クライマックスでは、蘭がプレゼントされた金メダルを取りに船内に戻るところをみると、「いやいや!命の方が大事!」と突っ込みたくなりますが、ラストはその金メダルがあったおかげでコナンが助かるという…もう、そこはさすがの演出。ニクいですぜ。

コナンシリーズのレビュー記事はこちら

劇場版

時計じかけの摩天楼 | 14番目の標的 | 世紀末の魔術師 | 瞳の中の暗殺者 | 天国へのカウントダウン | ベイカー街の亡霊 | 迷宮の十字路 | 銀翼の奇術師 | 水平線上の陰謀 | 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) | 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー) | 戦慄の楽譜(フルスコア) | 漆黒の追跡者(チェイサー) | 天空の難破船(ロスト・シップ) | 沈黙の15分(クォーター) | 11人目のストライカー | 絶海の探偵(プライベート・アイ) | 異次元の狙撃手(スナイパー) | 業火の向日葵 | 純黒の悪夢(ナイトメア) | から紅の恋歌(ラブレター) | ゼロの執行人(しっこうにん) | 紺青(こんじょう)の拳(フィスト) | 緋色(ひいろ)の弾丸

ドラマスペシャル

江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間

コナンをオトクに観る方法

Huluからのお知らせ

コナンをなるべくお金をかけずに観るには、日テレ系列のVODであるHuluがもっともおすすめです。

2020年3月20日(金)から、以下コナン劇場版4作品がHuluで配信されることに決定しました。

  • 純黒の悪夢(ナイトメア)
  • から紅の恋歌(ラブレター)
  • ゼロの執行人(しっこうにん)
  • 紺青(こんじょう)の拳(フィスト)

4月1日以降は、他の作品も配信がスタートするので、Huluは「この春にコナンを一気に観たい!」とお考えの方におすすめです。

もちろん、「U-NEXT」「dTV」「ビデオパス」「TSUTAYA TV」といった他の大手VODも配信はしていますが、劇場版が観れなかったり、観れてもPPV(※有料レンタル)作品が多いので、日テレで放送しているコナンを優先するなら、Hulu一択で損はありません。

ポイント

なお、コナンは劇場版最新作の放映が決定するタイミングで他の作品を先行配信をするのは、毎年恒例の流れなので、コナンを目的にVOD登録するなら、この春時期がもっともタイミングが良いです。

Huluの新規登録者は、14日間の無料体験がつくので、期間内に解約すれば月額料金はかかりません。

Huluのコナンシリーズ配信が始まる3月20日(金)以降で、ご自分の都合の良いタイミングで登録しましょう。

-名探偵コナン

Copyright© 引きこもり美学 , 2020 All Rights Reserved.